社長挨拶

MESSAGE

代表取締役社長 垰森 敦己 代表取締役社長 垰森 敦己

マツダエースは、1964年に創立し、会社・ビジネスの単位で、幾度の統廃合を経て、現在は異なる分野の「5つの事業」を手掛けている、複業企業体になります。
これらの事業の展開に当たっては、「5つの事業」を「19のビジネスユニット」に細分化し、「ビジネスユニット毎のビジョン」を策定し、その実現に向けた活動を推進しております。

「新しい時代の信頼される
サービスをカタチにする」

「マツダエースの使命」

「マツダ(株)が“クルマづくり”に専念できる」ようにあらゆるサポートを行うこと、また、マツダで培い高めてきた、「技術力」および「サービス力」を活かし、マツダグループ企業だけでなくグループ外企業の皆さま、および地域社会に貢献することを使命としております。

具体的には、「総合的なエンジニアリング&サービス」を通して、以下「マツダエース4つのサポート」を高い品質と適正な価格で提供することです。
企業から家庭まで、多種多様な分野にわたり、お客様の満足を第一に考え続けて活動しております。


①生産活動をサポート/②安心・安全をサポート/③働く人をサポート/④ブランド発信をサポート

「目指す会社像」

現場で何が起きているのかをしっかり観て、聴いて、知り、本当に求められているものは何なのかをしっかりと理解し、お客様や社員にとって何が必要でどうしたらいいかを考え、素早く対応する。そして、新しい発想により物事を生み出す「創造力」や他にはない独特な着想等により物事をつくり出す「独創力」をもって、関係するすべてのお客様に対して貢献し続ける。そのような会社を目指してまいります。

「志」をもって、「為せば成る」の精神で、失敗を恐れず何事にもチャレンジしていけば、必ず達成できると信じています。
仕事に「プライド」をもって、従業員と一緒にすべてのステークホルダーに喜ばれる、そして、従業員が「自分の働く会社」を家族、友人に自信をもって紹介できる、そんな会社にしていきたいと思います。